スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

205の日、205系に激震!!

東武埼京線です。
PCのACアダプターを研究室に忘れてきてしまったため、電源確保の関係でスマホから投稿します(´・ω・`)

2月5日、すなわち205の日の昨日、205系に大きな動きがありました。画像はありませんが、まとめていきます。

1.横浜線用H26編成(うち6両)がOM入場、南武線転属か?
横浜線用H26編成のうち、サハ204-126とサハ205-232を抜いた6連が大宮総合車両センターに入場しました。6連での入場のため、南武線転属の可能性が高いです。
H26編成は京浜東北線に新製配置された数少ない車両で1993年にモハユニット1組とサハ205形2両が中央総武線に転属し、残った6連に0番台のラストナンバーであるサハ205-232を組み込みんだ7両編成で横浜線に転属しました。その後100番台のラストナンバーであるサハ204-126を組み込み8両編成で活躍してきました。横浜線で車齢が一番若いためか、南武線転属の候補となり、E233系6000番台投入により離脱した最初の編成となりました。しかし、南武線にはE233系8000番台が投入されるため、南武線での活躍は短いものとなるでしょう…

2.埼京線用ハエ18編成が高崎疎開、海外譲渡へ
埼京線用ハエ18編成が高崎まで回送されました。サハ204-11が3→5号車に組み換えられていたため、海外譲渡のための回送と思われます。今後、EF64またはEF81によって新津まで送られる予定です。
ハエ18編成は組み換えは行われたものの一度も疎開せずに運用され続けた最後の編成でした。また、6ドア組み込み&オール内扇モーターと埼京線で一番オーソドックスな編成であったといえるでしょう。私的には最後まで残ってほしいと思っておりましたが、次の活躍の場を求めて旅立っていきました…ありがとうハエ18!また会う日まで…

3.埼京線用ハエ22編成運用離脱&ハエ28編成返却
2月1日よりヘッドマークを掲出し、運用されていた埼京線用ハエ22編成が2月4日17運用で運用離脱、ヘッドマークを取り外され、広告も撤去されました。ヘッドマークを掲出して運用された期間はわずか4日間と異例の短さです。現在、川越区着発線3番で留置されていますが、高崎疎開回送のためのサハ204の組み換えはされていないようです。
一方、小山へ疎開・返却が繰り返されていたハエ28編成が川越区へ返却されました。通例ならば、夕方に小山へ再疎開するはずが、昨日は疎開しませんでした。転属車ながらオール4ドア車であることから、埼京線205系の原型に最も近い編成ということもあり、今後の動きに注目です。

最後に埼京線の現状を…
2月に入っても埼京線205系は健在で上記のような大きな動きがありました。残るハエ32編成は唯一運用され続けています。ハエ22から撤去されたヘッドマークを他の編成に取り付けるのか、注目です!

以上。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。