スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に出揃ったE233系7000番台! 205系の動向やいかに…

東武埼京線です.

昨日1月26日に新製後しばらく運用に入らなかったE233系7000番台のラストナンバー,ハエ131編成が営業運転を開始しました.これにより,E233系7000番台は全編成が出揃ったことになります.

これで気になるのは205系の動向です.以前,記事にしたときに残っていた編成では以下のように変化がありました.

ハエ29 長野総合車両センターに配給輸送
ハエ30 大宮運転所でヘッドマーク掲出.その後,川越車両センターに返却

共に山手線で活躍していた編成です.
ハエ29編成はJR化後初めて新製された205系で東中野事故によりハエ7・9が三鷹区に配属変更されたため,不足分を補うために埼京線へ転属しました.山手線の6ドア組み込み前に埼京線へと転属したため,新製時から編成を組み換えていない珍しい編成でした.末期は帯が剥げてところどころウグイス帯が露出していました.長い間,お疲れ様でした!なお,4号車に組み込まれていたサハ205-82は川越車両センター内に留置されています.

ハエ30編成のヘッドマークは駅からハイキングのイベント目的で掲出されたものです.結構,斬新なデザインでこのまま運用に入るのか,と言われましたがイベント終了後は撤去されています.その後,ハエ30は川越車両センターに返却されました.数日前,南古谷カーブでハエ18を撮影しに行ったとき,ハエ30が着発3番線に入り,そのまま留置される姿を確認できました.すでに車内広告は撤去されており,運用復帰はせず海外譲渡のために近日中に高崎へ疎開するものと見ています.

この2編成を除いて残る埼京線205系は
ハエ18・22・28・32
となります.
ハエ28は相変わらず,小山駅留置線と川越車両センター間を行ったり来たりしています.車内広告も撤去されているという情報もあり,運用復帰は厳しいものと思います.
ハエ22は先日,車輪転削を実施したため,しばらく安泰かと思いましたが,1月24日(金)39運用より確認されておらず,気になるところとなっています.
そして,ハエ18・32は元気に運用に就いています.

E233系が出揃っているため,全編成が離脱してもおかしくない状況です.
しかし,準備工事済みですが2017年度から導入予定のATACS対応工事を控えているため,中央快速線の201系のように205系が1編成ほど予備車で残ることも考えられます.今後の動向に注目です!

以上です.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。