スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼京線だけでなく野田線も世代交代!

東武埼京線です.
最近,埼京線に注目するあまり,地元の野田線に疎くなってしまっているのがちょっと悩みです.

ということで今回は野田線についてです.

野田線は昨年から10030系や60000系の投入,さらに今年4月からは東武アーバンパークラインという近代的?な路線愛称が与えられるという,今東武鉄道で最もホットな路線です.
今年に入り,1月に今年度の新製車61603F,61604Fの営業運転が開始しました.さらに61605F,61606Fの甲種輸送が15日から実施されており,今年度中には61607F,61608Fの新製も行われる見込みです.
一方で10030系は本線からの11636F以来,転属が滞っており,南栗橋に回送された11666Fが本線仕様となっていることから,しばらく10030系の転属はないと考えられます.

60000系の増備により,昨年10月の8109F以来の行われていなかった8000系の廃車が再開しました.

8168F (2000x1500)

まず,1月15日,8168Fが廃車回送されました.8168FはS型ミンデン台車,ドアはステンレス未塗装という後期型でありますが,中期修繕車という2編成のみしかない特徴を持っていました.60000系の新製が1月となっていたためか,秋ごろに休車指定を受けて,検査期限の延長が行われていた模様です.

8167F (2000x1502)

次に2月4日,8167Fが廃車回送されました.8167Fは8168F同様に後期型ながら,中期修繕車という特徴がありました.この編成の廃車により,S型ミンデン台車+幕式という組み合わせが消滅しました.個人的にはクハ8467の海側4番目のドアだけ交換され,外観が違う点が興味深いと思っていました.

8153F+8542F (2000x1500)8542F+8153F (2000x1499)

さらに2月12日,8153F+8542Fが廃車回送されました.この編成はクハ8453とクハ8542の運転台が撤去され,6両固定化された編成でした.8168F同様,秋ごろに休車指定を受けて,検査期限の延長が行われていた模様です.

このように3編成が廃車となり,暗い話題の多い8000系ですが,対称的に明るい話題もありました.

8172F (2000x1500)

4月に検査切れとなる後期修繕車である8172Fが南栗橋車両管区に入場し,重要部検査が実施され,先日ピカピカの状態で出場しました.以前,5070系に行われた再塗装が実施されないなどの廃車前提の検査ではなく,普段の検査出場と同様なものであり,まだまだ走り続けると考えられます.
10030系や60000系の新型車両投入後,検査期限を迎えた車両は方向幕がLED式の81113F,81110F,8172Fを除いて廃車となっています.今後はLED式の編成が検査期限を迎えることになっています.今後1年間で検査期限を迎える編成は以下の通りです.

編成 検査期限(年-月)
81114F 26-5
8162F 26-7
81117F 26-8
8159F 26-9
8160F 26-10
8164F 26-10
8171F 26-11
8145F 27-1
8165F 27-2
8192F 27-3
8106F 27-4

次に検査期限を迎える81114Fは車内案内機,ドアチャイム等搭載となっており,検査を受けることが濃厚です.その後も検査を迎える後期車にあたる81117F,8171F,8192Fは検査を受ける可能性が高いとみています.気になるのは前期車で方向幕がLED式の8162Fの処遇です.同期製造で方向幕がLED式であった元東上線所属の8156Fや8161Fが廃車となっていますので廃車の第一候補となりますが,同じLED式の8172F同様に検査を受けるとなると廃車の候補は方向幕が幕式の8159F,8145F,8106Fが急浮上します.8000系のトップナンバーの8106F,今年中の廃車も考えられます.いずれにせよ,8000系の記録はお早めに・・・

以上
スポンサーサイト

生え抜き編成全滅!ラスト1編成となった埼京線205系

東武埼京線です.
今日は久々に一日撮影に費やしました.来週試験なのにな…(笑)

本日,埼京線205系ハエ22編成が高崎へ疎開回送されました.
この編成の離脱を持って,埼京線205系の生え抜き編成が消滅し,同時に埼京線から6ドア車が消滅したことになりました.

22(17) (2000x1500)

ハエ22編成はE233系投入初期段階の2013年夏ごろに運用を離脱し,東大宮操へ疎開しました.
その後,同じように疎開していたハエ29と同時期に返却され,営業運転に復帰し,数少ない年を越せた編成となりました.

22(1) (2000x1500)

そして,忘れてはならないのが2014年2月1日から掲出されたありがとう205系ヘッドマークです.
ほんの数日間でしたが,最後の生え抜き編成であるハエ22編成にもヘッドマークが取り付けられました.
この写真を撮影したのは運用最終日の2月4日でした.
翌日5日,ハエ18が高崎疎開回送された205の日にヘッドマークが外され,後日編成組み換えが行われました.

IMG_0808 (2000x1499)

最後の今日,高崎線で撮影するとあって定番ですが北上尾でお見送りしました.
ありがとう,ハエ22…

これにより,埼京線205系はハエ28とハエ32の転属組2編成のみとなりました.
ご周知のとおり,ハエ28にはハエ22が取り付けていたヘッドマークが取り付けられ,運用に入っています.
一方のハエ32ですが,2月10日の37運用を最後に運用に入っておらず,広告も撤去されているということから,運用離脱したと考えられます.
インドネシアへの海外譲渡編成は残り1編成となっており,離脱したハエ32が譲渡という見方が強まっています.

28(11) (2000x1500)

最終編成となったハエ28,小山疎開を繰り返したことや昨年の検査時に貼り替えを行わなかった関係で帯がかなり色あせた痛々しい姿となっていますが,最後まで頑張ってもらいたいものです.

以上.

惜別!埼京線205系ハエ18編成

東武埼京線です.
一昨日ハエ18編成が高崎から新津へ向かい,廃車となった模様です…
今後はインドネシアへ輸出されるため,新潟東港まで陸送され,海上輸送されると思われます.

ハエ18編成は私が埼京線205系で最も撮影枚数が多い編成であり,オール内扇モータと地味ながら一番埼京線らしい編成であることから,今回特集を組みました.

18-1_1 (2000x1500)

人生初のハエ18編成撮影は十条駅でした.このときはMUE-Train試運転の撮影で偶然撮れたものです.
このときはまだE233系投入計画が出たばかりであり,205系の置き換えも現実味を帯びてなかったことから,あまり撮影も行っていませんでした.
しかし,この後しばらくはハエ18とは遭遇せず,この姿での撮影はこの1枚のみとなってしまいました.

18-2_1 (2000x1502)

久々に再会したハエ18,これは浮間舟渡で初めて撮影した日でE233系ハエ101がデビューヘッドマークを掲出していることから撮影者も集まっていましたが,このハエ18を撮影している人はあまりいませんでした.
よく見ると6ドアステッカーがない,そう,ハエ27のサハ205-172・173を組み込んでるときの姿です.
組み込まれたサハのみが色褪せていることから,個人的には微妙でしたが,オール4ドア時代も撮れてよかったです.
しかし,この姿も1枚のみとなり,以後はハエ8のサハ204-11を組み込んだ最終形態での姿となります.

18-3_1 (2000x1500)18-3_5 (2000x1499)

最終形態ではいろんなパターンで撮影しました.
左は浮間舟渡,右は大崎で撮影したものです.撮影枚数が多いハエ18ですが,自分から狙いに行っているものがほとんどで撮影行って偶然撮れたというものがあまりない編成でした.昨年10月にハエ24が海外譲渡となって以来は追いかけまくったものです.ちなみに遭遇率が高かったのは廃車解体となったハエ9,インドネシアに海外譲渡されたハエ20,そして現在でも活躍中のハエ32などでした.

18-3_3 (2000x1500)18-3_4 (2000x1500)

また,駅に停車中の姿も結構撮影しています.
左の写真,この日はハエ31の海外譲渡を撮影したあとに赤羽で撮ったものです.このとき,線路内人立ち入りで5分以上停車していたため,夢中でシャッターを切っていた結果,50枚以上撮っていました(笑)
右の写真,この日は有楽町駅付近で沿線火災があり,各線が遅れていた中,平常通り運転していた埼京線を撮っていた時のものです.このあと,今は亡きハエ29との並び写真も撮れました.

次は撮影数の多いハエ18の中でも自分が特に気に入っている写真を2枚紹介します.

18 (2000x1498)

1枚目は大好きな与野本町で撮影したハエ18です.あまりこの場所を推さない人が多いですが,個人的には埼京線だけに最強な撮影地です!!…というくだらないシャレはさておき,この写真のポイントは撮影地もさることながら行先です!上の4枚の走行写真を見ると行先表示は全部埼京線やりんかい線のような路線表示です.しかしこの写真では太陽の反射が強いためあまり目立ちませんが行先が写っており,しかも通勤快速 新宿と平日朝夕しか見れないものでした.以前のお気に入りであるハエ24は同じ行先で失敗していたため,リベンジを果たせたこともうれしい一枚です.

18-3_6 (2000x1499)

2枚目は川越線内有名撮影地南古谷カーブで撮影したハエ18です.南古谷駅から徒歩30分もかかり,なかなか行けない場所ではありますが,荒川橋梁カーブを描きながら下りてくる姿はとてもかっこいいです!!また,単線区間を10両の長大編成で爆走する姿も圧巻です!ヘッドマーク付いたら,もう一度ここで撮りたいな…と思っていました.

しかし,その望みもむなしく,2014年1月29日の17運用をもってハエ18編成は定期運用を離脱しました.
そして,2月1日から最後の6ドア組み込み編成であるハエ22にヘッドマークが掲出され運用に入りました.最後の非疎開編成であっただけに私としてはハエ18にヘッドマークを取り付けて欲しかったです.

そしてその翌日2月2日,ハエ18の編成組み換えが行われました.一時はサハ204-11を外した9連となったため,遠く伊豆でその知らせを聞いた私は「解体か…」と思い,非常に落胆しました…
が,夕方調べてみるとサハ204-11が5号車に組み込まれたとの情報が!!そう,ハエ18がインドネシアへ海外譲渡されることが濃厚となったのです!

そして,2月5日,すなわち205の日,遂に住み慣れた川越から離れる日がやってきました.
川越区ではわずか4日でヘッドマーク掲出を終えて運用離脱したハエ22,7日からヘッドマーク掲出して久々の運用に復帰するハエ28の見送りを受け,大宮経由で高崎に向かいます.私はこの姿をカメラに収めるべく,風邪気味でしたが大宮で待ち構えました.

18-3_7 (2000x1500)

大宮では夢中でシャッターを切りまくりました.15分ほどの停車時間でその数100枚ぐらいです(笑)「今までありがとう,あと少し頑張れよ…」と心の中で語りかけたのち,ハエ18は折り返して高崎に向かい走り去りました.

2日後の2月7日,この日はおそらくハエ18を国内で見るのは最後となる日です.私は新幹線に飛び乗り,高崎に向かいました.高崎に着いた頃にはすでにEF64-1031によって高崎駅に据え付けられたハエ18がいました.

18-3_8 (2000x1500)

モハ205-344のパンタグラフには紐が取り付けられて上昇不能となっていました.新津~新津車両製作所間で自走するときは他2つのパンタグラフを使用するようです.時間の関係で発車までは撮影できませんでしたが,首都圏で最後のハエ18の姿を見ることができました.高崎線で高崎駅を去る時,私はE233系3000番台の最後尾からずっとハエ18を見えなくなるまで見ていました.ハエ18,また会おう…

埼京線205系はハエ18の離脱で遂に残り3編成,最後の6ドア編成ハエ22,奇跡の復活を果たしヘッドマーク掲出しているハエ28,オリジナルの姿を貫くハエ32です.
ハエ22は広告撤去されており,検査期限も近いことから近日中に動きがあると思います.それが海外譲渡のための高崎疎開か,廃車解体のための長野配給か,はたまた検査のための大宮入場かは不明です…
ハエ28は奇跡的に復活,さらにヘッドマークを掲出しており,最後まで残る可能性が高いと思います.ヘッドマーク掲出期間は今月28日までという説が濃厚です.
ハエ32も他の編成にヘッドマークが取り付けられながらも黙々と運用されています.
予備編成として1編成残るという説もありますが,3月のダイヤ改正で何か動きがあるかもしれません.
いずれにしても3編成にはハエ18の分まで走り続けて欲しいです.

以上.

205の日、205系に激震!!

東武埼京線です。
PCのACアダプターを研究室に忘れてきてしまったため、電源確保の関係でスマホから投稿します(´・ω・`)

2月5日、すなわち205の日の昨日、205系に大きな動きがありました。画像はありませんが、まとめていきます。

1.横浜線用H26編成(うち6両)がOM入場、南武線転属か?
横浜線用H26編成のうち、サハ204-126とサハ205-232を抜いた6連が大宮総合車両センターに入場しました。6連での入場のため、南武線転属の可能性が高いです。
H26編成は京浜東北線に新製配置された数少ない車両で1993年にモハユニット1組とサハ205形2両が中央総武線に転属し、残った6連に0番台のラストナンバーであるサハ205-232を組み込みんだ7両編成で横浜線に転属しました。その後100番台のラストナンバーであるサハ204-126を組み込み8両編成で活躍してきました。横浜線で車齢が一番若いためか、南武線転属の候補となり、E233系6000番台投入により離脱した最初の編成となりました。しかし、南武線にはE233系8000番台が投入されるため、南武線での活躍は短いものとなるでしょう…

2.埼京線用ハエ18編成が高崎疎開、海外譲渡へ
埼京線用ハエ18編成が高崎まで回送されました。サハ204-11が3→5号車に組み換えられていたため、海外譲渡のための回送と思われます。今後、EF64またはEF81によって新津まで送られる予定です。
ハエ18編成は組み換えは行われたものの一度も疎開せずに運用され続けた最後の編成でした。また、6ドア組み込み&オール内扇モーターと埼京線で一番オーソドックスな編成であったといえるでしょう。私的には最後まで残ってほしいと思っておりましたが、次の活躍の場を求めて旅立っていきました…ありがとうハエ18!また会う日まで…

3.埼京線用ハエ22編成運用離脱&ハエ28編成返却
2月1日よりヘッドマークを掲出し、運用されていた埼京線用ハエ22編成が2月4日17運用で運用離脱、ヘッドマークを取り外され、広告も撤去されました。ヘッドマークを掲出して運用された期間はわずか4日間と異例の短さです。現在、川越区着発線3番で留置されていますが、高崎疎開回送のためのサハ204の組み換えはされていないようです。
一方、小山へ疎開・返却が繰り返されていたハエ28編成が川越区へ返却されました。通例ならば、夕方に小山へ再疎開するはずが、昨日は疎開しませんでした。転属車ながらオール4ドア車であることから、埼京線205系の原型に最も近い編成ということもあり、今後の動きに注目です。

最後に埼京線の現状を…
2月に入っても埼京線205系は健在で上記のような大きな動きがありました。残るハエ32編成は唯一運用され続けています。ハエ22から撤去されたヘッドマークを他の編成に取り付けるのか、注目です!

以上。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。